トップ > ブログ > その他 > 2016年4月27日

さようならsoftbank・・・格安SIMへ
日本の携帯は高すぎるよ・・・


今日は携帯のお話。
これは案外日本に住んでる方にも使える情報かもなので書きますね。

私、ここ10年近くsoftbankの携帯を使っておりましたが、本日解約しました^^;
っていうのも、現在海外に多く住んでいる私。
携帯殆ど使ってないのに、月額8000円超はないでしょ(笑)

マレーシアやアメリカの知人に携帯代の事を話しても、たいがい
『日本はおかしい。クレイジーだ』とのこと。

確かに、アメリカやマレーシアに比べたら携帯代は数倍以上。
使ってないのに数千円とか国外ではまず考えられない。

というわけで、どうにかしたい。でも今まで使っていた日本の番号は保持したい。(長い間使っていたので)

これ、ここ最近の悩みでした。

実際にこれが私の3月請求書。


3月は1瞬たりとも日本の土地を踏んでません。
そして殆ど使ってません。

世界対応ケータイ(音声)(海外事業者宛) 445円
世界対応ケータイ(SMS)(日本国内事業者宛)100円
の欄を見てもらったら分かるように、
SMSを一回送ったのと、ちょろっと電話を使っただけです。

その他は全部
基本使用料とかパケット定額料とかオプションとか?(笑)

(ちなみに、、、パケット定額料は海外は関係ないのでホント払い損。海外でのモバイルネットワークはパケット定額の対象外なわけです)
そしてスマホの場合はこの『パケット定額料』は必須のこと。
日本にいないので絶対使わない!海外では対象外!
外したくても外せない残念な状況でした。


そういえば、ここ数ヶ月前(2016年度初旬)に政府が『携帯代の見直しを』という感じで各電話会社に要請を出したのを覚えています。
正直、この時少し期待しました。もしかしたら使わない人の為に良いプランが出るのかも!!?って。

でも・・・あれから数ヶ月。
各電話会社が提示した新プランは・・・殆ど使えない(笑)
というか寧ろ値段の割に逆に不便になってない??

という様な愚策のプラン。。。


このニュースを見て、もう解約しようと決意!!

最近話題になっているMVNO(格安SIM)に変えることにました。


どうせ変えるなら・・・
SIMカードが2枚入るのがいいなぁ・・(常に日本の携帯とマレーシアの携帯2台持ちだったので)
という訳で選んだのが
ASUSの
ASUS ZenFone 2 Laser
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-2-Laser-ZE500KL/

SIMカードが2枚入ります。
ということは!?

1枚のSIMを日本用。もう1枚をマレーシア用にすれば、携帯2台持ちから解放されることになります。

マレーシアのSIMはチャージ式のプリペイドなので、マレーシアのコンビニとかで普通にチャージします。日本と違ってパケット定額とか月額使用料とかそういった物は全くありません。
アメリカもこんな感じだったかな?
いろいろプランあるんですけど、基本使用料で数千円取られるのは聞いたことないな^^;
もしあるとしたらそれは相当な時間の通話やモバイルネットワークが入ってるのだろう。

で私が選んだ通信会社は・・・
DMMモバイル。
私の友人のプログラマー兼パイロットの話だと結構評判良いのでDMMがオススメって言ってたのを思い出し携帯事情に疎い私は彼を信じてDMMへ。
http://mvno.dmm.com/fee/index.html

で、選んだプランは1GBの通信料も入った通話もできるSIMカード。

で・・・これ
月額1260円(笑)

これが月額のミニマムの料金となるわけですが・・
私の場合、日本に帰った時の事を考えて1GBの通信料込みのにしていますが、
ホントに通話だけしかしないって方は月440円とか(笑)

なんか今まで使ってないのに1万円弱も取られてたのなんなんだよ〜・・・
って感じですね。。

DMMの初期開設費用は確か3000円程。
まぁ・・この辺は問題ないのです。初期費用は当然。手続きとかありますもんね。

が・・・・・!!!!
softbankの解約手数料約10000円(笑)ウソダロオイ♪
基本2年契約で2年毎に自動更新となるわけですが・・・
この2年の節目以外での解約は10000円程度の解約手数料。
私の場合、2年と3ヶ月で、丁度2年の節目ではないので、ハイ↓
解約手数料も払うことになります。
もうそんなことはどうでもいい。
サッサと離れたい。という訳で10000円程度の解約手数料も構いません。
softbankショップのお兄さんに
『解約手数料かかっても構いません。』
と伝える。

ただ・・そういえば??
2年の節目辺りでsoftbankから『あなた今月更新月ですよ〜〜!』とか情報来たっけ??思い返してみるけど、、、来てるのかもしれないけど、私の記憶では来ていない。そもそも認知してないので仮に情報が来ていても来ていないに近い。
自動更新なのはいいけど、、、もっと携帯使ってるユーザーさんに、くどいほど知らせた方がいいんでは?とも思った。

ショップのお兄さんには
『どうして解約されるのですか?参考までに教えてください』
みたいな事聞かれたんですけど、
『外国行ってて殆ど使ってないのに8000円クラスの請求が毎月来るんですけど・・他に何かいい案あれば解約するのを辞めるか考えます』
と伝えると
『スマホの場合パケット定額がかかりますからね。格安スマホが妥当かと』
お・・・
おい〜〜〜(笑)
それ言う!?(笑)
って思いました。まぁ・・素直でよろしい。。。

ハッハ^^;

で、、、今日で今まで10年近く使ったsoftbankともお別れ。
ちょっと寂しいけど・・・
そういや長い間使ってたけど、乗り換えとかも全くせず。
全くと言っていいほど長期ユーザーに特典とかなかったな・・・

前は、乗り換えキャンペーンとかで新規顧客には機種代0円とかやってたのに・・
長期で使用するユーザーが不利ってのは普通はおかしい。
そして、そのおかしいのを知ってても長年使ってたから愛着あって変えずに使い続けた。

けど・・・


もう嫌じゃ(T T)

バイバイ


DMMからSIMカードが届いたあと、ちょろっと自分で設定とかしないといけないのですが、物凄く簡単。アクセスポイントとかを説明書通りにセットするだけで移管完了です。

ただ、softbankを解約する際にMNPナンバーってのがあって、これを新規通信会社に伝えなきゃいけなのですが、このMNPナンバー。普通に携帯ショップに行けば手に入ります。で、、有効期限が確か15日しかないので、もし今後格安SIMに変更をって考えてる人がいましたらスピーディーに事を済ませるのをオススメします。


グデグデと書きましたが、、まとめます。

@移行したい格安SIM会社(通信会社)を選ぶ(たくさんあります)
A決まったら携帯電話ショップに行って解約手続き&MNPナンバー取得
B携帯を既に持っていたら格安SIMの会社のwebでユーザー登録。MNPナンバーの申請と本人確認書類を添付で送信。郵送のケースもあるんかな?私の場合は添付でドンっと送りました。端末を持ってない方はSIMとセットとかもあるみたいですよ?
C数日後格安SIMが届きます。
Dで、上に書いたように説明通りに設定すれば完了。
2時間程で新しい通信会社で使えるようになります。

難しいようで簡単。
これで私の日本の携帯代は8000円→1200円程度に♪

お子さんがいる家庭の方とかいいかもですよ?
少なくとも私は変えて良かったと思ってます。



ブログへのコメントはこちら