トップ > ブログ > 麻雀 > 2016年7月14日

麻雀CUBEさん


デング熱で広島に戻って6月の最初の2週間は肝臓がやれれてダウン。
6月後半からは体調も徐々に良くなって麻雀をする機会もちょくちょく。
今回の帰国時の成績は10勝2敗!

一緒に麻雀をした方は広島では
いつもどおり広島支部長の清水プロをはじめ木村プロ。
そしてテスト生の方、私の幼馴染、前にご紹介したシステムエンジニアのLYNNちゃん。

主に三麻ばかりやっていたのですが、10勝2敗は、我ながらアッパレ♪
病気になっても腕は衰えてませんよー!!

そして、帰国の際に関空で飛行機待ちが12時間もありました。
ので、、、
関西空港周辺で麻雀できるところを探していたところ、
【麻雀CUBE】さんにたどり着きました。

http://jan39.com/shop.php?tnp=02775

麻雀CUBEさんのスタッフの方、オーナーの宇野さんは、初めて来た私にとても親切にしてくださり、オーナーで忙しいと思われるのに、私の飛行機の時間まで麻雀一緒に付き合ってくれたんですよー!!とても嬉しいです。

関西ルールと広島ルールの違いで相当困りましたけど、関西ルール初めてやってみてとても新鮮!!

三麻をやったのですが、広島と関西の違いを・・・書いてみます。

@ツモり損
広島では基本ツモり損なのに対して、関西はツモり損なし。
すなわち、子の満貫で上がった場合、
広島の場合は2000,4000で計6000点になるのですが、
関西では3000,5000。

という感じ。結局私は上がった際に、この点数がぽっと出てこなくて、結局最後まで一緒にプレイした方に点数を教えてもらった情けないプロです(T T)

A七対子4枚使い
広島では七対子の4枚使いはありません。
でも大阪はあった・・・
4枚使いがOKということは、変則待ちの七対子も可能なわけで、これが私の一番困った事態でした。
ホント慣れてないと4枚使いを使いこなせない^^;

B完全先付け
広島はクイタンあり、後付けアリのアリアリルールですが、大阪は完全先付け。クイタンなし。すなわち必然的に面前で上がる傾向が大きくなります。
これはなんとか対応可能^^;
元々バックで受けることは私はあんまりしないので、大丈夫でした。
広島支部長はピンチかも??(支部長さん、結構バックで聴牌取ります。。)

C花牌アリ
広島では北抜きの三麻ですが、大阪は花牌でした。

Dフリテンリーチはなし
広島はフリテンリーチはOKです。しかも三麻の場合は
例えば@C待ちでリーチをかけて、自分の河にCがあっても@でロンできるという不思議ちゃんルールで、尚且つフリテンリーチもあり。
大阪はフリテンではリーチ自体ダメでした。
闇でツモはOK。

これは普通に考えれば広島がオカシイ(笑)
けど、それで慣れていたので何回はフリテンリーチをしそうになる場面も(笑)

といった感じで結構ルールも違いました。
けどすごく楽しかった!!

関空で乗り換えの飛行機待ちの皆様、
是非【麻雀CUBEさん】に行ってみてくださいね★
関空からJRで東岸和田駅まで行って、そこから徒歩2分くらいです!
スタッフさん、オーナーさん共にとても親切です!
私自身もまた関空で飛行機を待つ時間がありましたらお邪魔しようと思ってます♪

オーナーの宇野さん、
ホントありがとうございました!!


ブログへのコメントはこちら