トップ > ブログ > フライト関連 > 2016年4月13日

タイ国境付近まで(ペナン編)


午前5時起き。そしてネットのお仕事をやってから8時に空港へ。
通常通り8時半から人工降雨のフライトを1本行うのだが今日はちょっと違う。

クアラルンプールで人工降雨のオペレーションを終了後、そのまま空港に戻らずペナン島へ直行(笑)

ペナン島に行くためにセットしたルートがこれ。


スパイダートラックで表示されたのがこれ

去年もペナン島には来たのですが、今回はより深刻。
マレーシア半島北部で渇水状態の事。

という訳でペナンに派遣されてきたのですが、やっぱり良い。南国の島は(笑)
これがペナン島に着陸する前の写真。



で無事に降り立って既にこの時点で2時間超のフライトを終えて、今日の午後から早速マレーシア北部に向けて飛び立ちます。
狙うダムは合計5箇所。

着いた時点で結構ぐったりしてたのですが、こっから更に3時間半程度飛ぶことになる。人工降雨のオペレーション中はIFR(計器飛行)ではなくてVFR(有視界飛行)に切り替えるので結構疲れるんですよ^^;

オートパイロットでポチッと目的地まで飛行とかなら6時間でも問題ないんですけど・・・

で、ペナン空港の環境省のオフィスでグデ〜〜〜ってしていると面白いものを発見(笑)ただの看板なんだけど・・・

日本だと『危険』の2文字なのだが・・・ここは・・・

上からマレーシア語、英語、中国語っぽいな、下の二つはもはや何語か不明(笑)
多国籍国家ってこういう事言うんですね(笑)

で空港内はこちら

エアアジアやマレーシア航空はもちろん、マレーシアローカル線のfirefly や Malindo Air、奥にはチャイナエア、更に写真に写ってないけどシンガポールのシルクエアーや貨物機のUPS、DHLなど沢山ですねぇ・・
さすがリゾート地ペナン。いろんな国からたくさんの飛行機が飛んできてますね。

で、早速午後のフライト開始。今回はタイ国境付近まで飛んで行く訳ですが、かなり長旅になりそう・・・

そして装備できるだけのフレアーを装着して、イザ離陸。合計で24本のフレアーを一度に装備できるのですが、今回は24本フル装備。通常、クアラルンプールで行う人工降雨は6本〜8本なんですけどね^^;

そして離陸後数々のダム付近でフレアーを焚いていったのですが、ダムの現在の貯水量がこんな感じ。
水・・・かなり少ないです。。

結構干上がってますねぇ・・・

こんな感じのダムを何個も見ながら『雨よ降れ〜〜雨よ降れ〜〜』と思いながら一本ずつ心をこめて焚きました。←何か変かな^^;

飛んでる最中に全く同じルートでRAINMAKER01というコールサインもちょくちょく管制から聞こえてきます。

機長と私
『RAINMAKER01って言ったよな今?』みたいな感じで話してたら、ホントにRAINMAKER01でした。
前にも書いたように、マレーシアでは現在RAINMAKERと名乗るコールサインは3機しかいません。そしてRAINMAKER01は。『マレーシア空軍』の人工降雨の機体。
偶然か意図的かは分かりませんが、私達が経由したダムの後を追うようにRAINMAKER01を人工降雨を行ってる模様。

更には最後のダムで私達RAINMAKER03が5000ft(約1800m)上空でオペレーションをしていたら、同時刻に7000ft(約2300m)上空でRAINMAKER01がオペレーションしているではないですか。。。

これはホント稀。
そのくらい水不足が深刻なんだという訳です。

そして最後のダムでオペレーションを終えて帰る際に、RAINMAKER01に『どこ行くの?』みたいな事聞いて、なんかチョット仲間ができた感がしました。
ちなみにRAINMAKER01はC-130っていう大きな輸送機ですね^^;

そして3時間半のフライトを終えて、スパイダートラックを見てみると・・・

!!!!

若干タイに入ってる(笑)
というか風の関係でどうしてもだったんで許可もらって入ってたわけですが・・
飛行ルートの上にダムっぽいのが確認できますね^^;

今日はぐったり6時間。
さすがに疲れましたわ・・
そして全てを終えてペナン空港のターミナルで、、、
ラーメンみたいなのを食べました。
シーフードヌードル。結構これが旨い。というか朝から食べる暇なくて何も食べてなかったので凄く遅めの朝食(午後6時)がまた旨い!!

この時撮った写真がこれ

左から整備士の若手のホープ、シャフィ君。真ん中は整備士の研修生のアジジ君。
右は気象庁のハイリーさん。
とこんな感じでわいわい夕食?朝食?を食べました。

明日から2日間だけだけどこのルートでまた飛びます。
ホントは19日までだけど・・・私は14日まで。がんばりますよ〜〜!!



ブログへのコメントはこちら